気にしておきたいこと

飲み物を選ぶ人

これから自動販売機を設置しようと考えている場合には、どこの業者を選ぶかによって結果が随分と異なることが少なくありません。業者によっては、特定のメッカを作っているところもありますが、必ずしもそうとは言い切れません。大手メーカーならば、たいてい扱っているところも多いためある程度大手業者を選んだほうが選択肢が多くなります。ただ、小さな業者でもサービスが充実しているところもありますので、結局はそれぞれを比較しながら見ていくのがよいでしょう。自動販売機は100m歩くごとに一つぐらいあるため、競争が激しくなる可能性があります。もし、自動販売機を導入する場合にはほかの所と少し違った種類のものを投入してみると良いでしょう。例えば、あまり周りはないマイナーなメーカーを使っている業者にお願いをするのです。これにより、ほかの販売機と差別化をすることができる可能性もあります。後は、どれくらい収益性があるかを頭に入れておかなければならないでしょう。基本的に自動販売機の本体の費用を自分で支払うことはありませんが、利益があるかどうかは一本売るとどれぐらい自分たちに入ってくるかで決まるわけです。そうだとすれば、どれだけ販売できるかも大事ですが、一方当たりの利益がいくらぐらいなのかも大事なところになります。

相場はどれぐらいになるのか

自動販売機

自動販売機の設置は、設置をするときに初期費用としていくらかお金がかかることがありますが、それでも数万円単位になることがほとんどです。それほど莫大なお金になることはまずないでしょう。自動販売機の業者の方も、途中を借りて自動販売機を置かせてもらっていることを考えれば、それほどお客さんからお金をとるようなことはしません。あとは、毎月ロイヤリティーという形でお金をとるところもあります。例えば一台当たり1万円という形でお金をとっていくわけです。そして、もしその自動販売機で飲み物が売れた場合、例えばそのうちの1割が土地を貸した人に入ってくるとします。一本当たりの飲み物が\120だとすれば、\12ほどのお金が入ってくる計算になります。1日で十本売れたとすれば\120の収益になります。場所によっては、1日100本ぐらい売れるようなところも少なくないでしょう。そうだとすれば、一律\1200の収入になり1カ月で約\40000の収入が期待できます。ここからわかることは、いかによい場所に設置するかが重要になることです。例えば、自分の家が人通りの多い場所ならば、積極的に設置をしてみると良いかもしれません。

広告募集中